お問い合わせ

お問い合わせ

  • 違法なファクタリングでお困りの経営者の方へ!「ヤミ金」と同じ違法なファクタリング業者との取引を解消したいと思いませんか?
  • 最短10日で、払い過ぎたファクタリング手数料を取り返せます
  • 違法なファクタリングでお困りの経営者の方へ!「ヤミ金」と同じ違法なファクタリング業者との取引を解消したいと思いませんか?
  • 最短10日で、払い過ぎたファクタリング手数料を取り返せます

担保や保証人をとり、償還請求権があるのが貸金業です。高い手数料は違法な金利のため、「ヤミ金」と同じです。現在、「ヤミ金」と同じ悪質なファクタリング業者が多数存在しています。違法な金利や過払い金は回収できます!

担保や保証人をとり、償還請求権があるのが貸金業です。高い手数料は違法な金利のため、「ヤミ金」と同じです。現在、「ヤミ金」と同じ悪質なファクタリング業者が多数存在しています。違法な金利や過払い金は回収できます!

下記のようなお悩みはありませんか?

ファクタリングとは?

ファクタリングとは未入金の売掛債権を早期に資金化でき、御社のキャッシュフローを改善に繋げることです。万が一、売掛先から回収が不可能になってしまっても、売掛債権の不払いリスクを負う業者は貸金業ではありません。もし、あなたが担保や保証人を取られていたり、高い手数料を払わされているのであれば、取引をしているのは「ヤミ金」業者です。

3社間ファクタリング

利便性は良いが認知度が低く、信頼性が低い

3社間ファクタリング

利便性は良いが認知度が低く、信頼性が低い

弁護士に過払い債務整理や過払い金を依頼した場合、ファクタリング業者との業務委託契約が解除され、ファクタリング業者から重要取引先に債権譲渡通知を発送され、取引先との取引停止に陥る。

「過払い弁護士」や「債務整理弁護士」に依頼をするのは避けることが賢明です。

「過払い弁護士」や「債務整理弁護士」に依頼をするのは避けることが賢明です。

2社間ファクタリング

取引先に対する信用を気にすることなく利用できるファクタリング

2社間ファクタリング

取引先に対する信用を気にすることなく利用できるファクタリング

SMEにご依頼していただいた場合、当社が持つ提携先ノンバンク、または投資家から融資を受け、まずファクタリング会社に決済してもらいます。提携弁護士から過払い請求をファクタリング業者に送り過払い金を取り戻します。
重要取引先に迷惑をかけず、決済〜過払い請求と、円滑に進める事が出来ます。
※ノンバンクで借入れた資金は年率換算で返済していただくことになります。
※過払い金請求を行うのはSMEではなく、提携先弁護士になります。

当社から皆様へ

SME支援機構です。最近、ファクタリングでのトラブルが多発しています。ファクタリングのトラブルの多さは社会的な問題にもなっています。
ファクタリングという金融方式を知らないまま第三者に債務整理などを委任した場合、債権譲渡通知書を重要取引先や売り掛け先に発送され、貴社の今後の事業に支障を及ぼす可能性があります。

現在、数年前の「ヤミ金」トラブルも少なくありません。
システム金融や、ファクタリング型ヤミ金など、装った悪徳金融業者が増え続けております。
高利のファクタリングは「ヤミ金」業者。
手数料30%~は「ヤミ金」。
現在多重債務になっていませんか?
貴社が抱える問題を早期解決に導くため、早急な決断が必要となります。
私たちSME支援機構は貴社のお役に立ちたいと考えます。
まずは当社までご相談を。
高利ファクタリング業者が金銭消費貸借及びその返済に準じた判例

  • お問い合わせ

高利のファクタリングは「ヤミ金」業者

手数料30%〜は「ヤミ金」。多重債務になっていませんか?

 最近、問題となっている手数料30%/年〜100%/年も取るファクタリング業者は、出資法の制限を超えているので「ヤミ金」です。
 このように手数料30%/年〜100%/年も手数料を取られていては、会社の再建ができるでしょうか?
 もともとファクタリングサービスは一時的な資金繰り改善のために利用していたのではないでしょうか?
 それが今では「ヤミ金」」のようなファクタリング業者に高い手数料を払うことによって、逆に資金繰りに困って多重債務者になっていませんか?
 今取引のある「ヤミ金」のようなファクタリング業者との取引を解消できたら、資金繰りが楽になるのではないでしょうか?

手数料30%〜は「ヤミ金」。多重債務になっていませんか?

 最近、問題となっている手数料30%/年〜100%/年も取るファクタリング業者は、出資法の制限を超えているので「ヤミ金」です。
 このように手数料30%/年〜100%/年も手数料を取られていては、会社の再建ができるでしょうか?
 もともとファクタリングサービスは一時的な資金繰り改善のために利用していたのではないでしょうか?
 それが今では「ヤミ金」」のようなファクタリング業者に高い手数料を払うことによって、逆に資金繰りに困って多重債務者になっていませんか?
 今取引のある「ヤミ金」のようなファクタリング業者との取引を解消できたら、資金繰りが楽になるのではないでしょうか?

SME支援機構で「ヤミ金」と同じ
ファクタリング業者との問題を解決!!

 SME支援機構は出資法の制限を超えているファクタリング取引は違法であると考え、「ヤミ金」と同じファクタリング業者への支払いを「リスケ」「分割払い」の手続きを進めます。
 その後に「ヤミ金」と同じファクタリング業者から御社のファクタリング取引で払い過ぎた過払い金を取り戻します。
 これにより、「ヤミ金」と同じファクタリング業者での資金繰りから解放され、御社の資金繰りも改善します!!

SME支援機構で「ヤミ金」と同じ
ファクタリング業者との問題を解決!!

 SME支援機構は出資法の制限を超えているファクタリング取引は違法であると考え、「ヤミ金」と同じファクタリング業者への支払いを「リスケ」「分割払い」の手続きを進めます。
 その後に「ヤミ金」と同じファクタリング業者から御社のファクタリング取引で払い過ぎた過払い金を取り戻します。
 これにより、「ヤミ金」と同じファクタリング業者での資金繰りから解放され、御社の資金繰りも改善します!!

ファクタリング型ヤミ金の特徴を教えてください。

一つでも当て嵌まればファクタリング型ヤミ金の可能性があります!
判断がつかないケース等、お気軽に当SME支援機構までご相談下さい。

解決までの流れ

事 例

ファクタリング業者との取引最中に手数料が高く首が回らなくなってしまった時にSME支援機構のことを知り相談しました。契約内容を全開示したところ、私が取引している業者は、契約に担保を付けており、契約に担保をつけるという事が貸金に当たる違法であるということを、SME支援機構に教えていただきました。
SME支援機構のご紹介で先法律事務所などに協力していただき、訴訟等を視野に交渉した結果、過払金358万円中250万円で和解が成立し250万円+書類一式の返還に成功しました。

数社のファクタリング業者と取引していたため、債務整理を依頼しようと考えました。
しかし、第三者に債務整理などを委任した場合、債権譲渡通知書を重要取引先に発送され、経営破綻してしまった企業や事業者が増え続けていると知りました。
取引先との関係を壊したくないため、どうにか出来ないかと弁護士に相談したところ、難しいと断られてしまいました。
私は、身も心も詰まってしまった最中、届いていたSME支援機構からパンフレットを拝見し問い合わせてみました。 相談の後、SME支援機構がもつ提携先のノンバンクから融資を受け、その資金を元に数社のファクタリング業者に無事決済すること事が出来ました。
その後SME支援機構から弁護士を紹介していただき、過払い金を取り戻すため交渉のすえ和解し、無事過払金を取り戻すことができました。

ファクタリング業者を利用していたのですが、手数料が高く、計算してみたところ780万円の手数料を支払っていました。
ノンバンクに頼ろうとしましたが審査が通らず、資金繰りが実質不可能となるところまできてしまいました。
SME支援機構の存在を知り、現状の契約内容から全てを開示し思い切って相談してみました。
SME支援機構の豊富な提携先にも相談していただいた中で、提携している投資家に出資を受けることができ、ファクタリング業者に決済しました。
SMEの提携先弁護士に訴訟を起こしてもらい過払い金請求をしたところ、裁判の途中にファクタリング業者から和解の申し出があり、780万円中550万円を返還するということで和解する事が出来ました。

資金繰りに窮した状況の中、勧誘を受けたファクタリング業者を利用したのですが、その実態はヤミ金だと思いどうにかすることができないか、顧問弁護士や債務整理に強い弁護士に相談に行きました。
しかし、全ての弁護士に債権譲渡通知が取引先に発送され、取引停止に陥る可能性があるのでやめた方がいいと言われました。
このアリ地獄のようなを状況をどうにか抜け出せないかとずっと悩んでいたところ、SME支援機構のパンフレットが届いて相談してみました。
SME支援機構さんのおかげで毎月20%近く払ってた金利が、ご紹介いただいたノンバンクから借り入れし決済できたため、分割返済となり非常に資金繰りが円滑になりました。
後にSME支援機構の提携先の弁護士に不当利得返還請求で訴訟を起こし、裁判官に和解を勧められ和解し、お金は少額でしたが取り返すことが出来ました。

よくある質問